カルチョーフィ

| 未分類 |

 

 

カルチョーフィとは、なにやら耳慣れない名前ですが、日本では朝鮮アザミ、あるいはアーティチョークという名前で知られている野菜のことを指しています。カルチョーフィというのはイタリアでの名前です。見た目は小さな芽キャベツ、あるいは大きなフキノトウといった感じで、とても可愛らしい野菜です。幾枚も重なったつぼみを一枚ずつはがしていき、中心の柔らかい部分だけ、調理して食べるのがイタリアでは普通の食べ方です。つぼみはガクの集まりなので、えぐみや苦味が強く、食用には適していません。

 

またそのつぼみをとりのぞいても、カルチョーフィにはフキノトウと同じくアクがあるので、アク抜きと言う下処理をする必要があります。ツボミを取り外し、アクヌキも終わったカルチョーフィは、そのままなまでぽりぽりと食べることができます。イタリアの人は、カルチョーフィの芯を細くきってサラダに混ぜることが多いようです。また、もっと細かく刻んでピザの具に、パスタの具に、スープの具に加えたり、食べやすい大きさにスライスした芯に肉を巻いて焼いたり、いろんな食べ方が考えられます。味に癖はなく、タケノコのように風味と食感を楽しむのがカルチョーフィの食べ方です。