ルッコラ 

| 未分類 |

今や日本の食卓にも多くのぼるようになったのが、各種のハーブです。パセリ、バジル、ローズマリーなど、香り高いハーブを一枝くわえるだけで、あっという間に多国籍で本格的な料理が出来てしまうのだから嬉しい限りですよね。そんな日本でも馴染み深いハーブの代表的な存在の一つが、ルッコラです。ぴりっとした辛味があとをひく、美味しくかつ健康効果に優れたルッコラ。古くは古代ローマ時代から人々の食生活に利用されてきたそうです。ルッコラには、ビタミンCやビタミンEが非常に多く含まれているため美肌効果が高く、また胃の調子を整え、胃もたれや胃のむかつきを解消してくれるといわれています。肉料理の付け合せにルッコラが多いのは、その整胃作用、整腸作用のためなんですね。またルッコラは、日本の気候でもカンタンに栽培できるという特徴があります。プランターで手軽に作れ、種をまく時期をずらしておけば長い期間にわたって新鮮なルッコラを楽しめるので、ホームセンターなどでもルッコラの苗は大変人気があるようです。食べ方は、生食が一般的。炒めるなど火を通してしまうと、ルッコラ特有の辛味が消えてしまう上、ビタミンも流出、かさも一気に減ってしまうためです。